2016年3月21日月曜日

HP EliteBook 8560w に Quadro K2100M を付ける

この機種は Quadro K2100M が使えることが知られています。

余ってるカードがあるので、試しにやってみました。

まずは分解・交換・組み立て。

8570w と同じです。過去記事に何度も書いてきましたので再掲はしません。

で、電源を入れたのですが・・・なんと画面が真っ暗なままです。

あれ・・・どうした・・・壊してしまったかな?と思ったのですが・・・

1 つ思い当たることがあるとすると・・・


そういえばこのカードには Dell の VBIOS である 80.06.61.00.08 が入っているわけですが、これとの互換性がないのでは?と思いました。

8570w だとこの VBIOS で使えたんですけどね。

8560w では MSI の VBIOS である 80.06.69.00.06 が使えることが分かっているので、それに書き換えてみることにしました。

さて、どうやって書き換えるか?上記の通り画面は真っ暗なままです。アナログ VGA を試してみたんですけど、映りません。

基本的に画面以外の機能は正常動作しているようなので、ほかの PC で USB 起動の FreeDOS を作って、NVFlash と MSI VBIOS の ROM を配置しました。

で、8560w につないで起動です。起動順序などは変えていないのでそのまま USB メモリーを接続して電源を入れるだけで FreeDOS が起動しました。

後は書き換えるだけですが・・・画面が出ていない状態なので操作が厄介です。

まずはプロテクトを外そうと思い
nvflash --protectoff
と入力してみました。これは「ピッ」と音が鳴ってあっさり成功。

後は書き換えるだけです。
nvflash --overridesub 1.rom と入力。

でもこれは何度か確認のために "Y" キーを入力したりする必要があってちょっと難しいです。

何度か違うキーを押して中止してしまったようで、数回やり直しました。

どうやったのかは忘れましたが何とか完了。

再起動したら画面が映りました。勝手にドライバーが当たっててそのまま使えます。.inf の書き換えも必要ありません。K1100M だと必要だったんですけど。


0 件のコメント:

コメントを投稿