2017年5月28日日曜日

Blogger のモバイル版ページに HTML/Javascript ガジェットを表示させる方法

Blogger のデフォルトの設定では
  • PC などの端末から閲覧すると表示される PC 版ページ
  • スマホなどのモバイル端末から Blogger ブログを閲覧するとモバイル版ページ
が表示されることになってます。

デフォルトの設定では、レイアウトのページで管理者が追加したサイドバー ガジェットについては、PC 版ページにしか反映されず、モバイル版ページには表示されてくれないようです。
モバイル版ページを無効にして、モバイル端末から閲覧した場合も PC 版ページを表示する設定もあったりしますが、それだとモバイル端末でのユーザビリティが損なわれてしまいます。

しかし、モバイル版ページを生かしたままカスタマイズするやり方は一応あったりします。
たとえば、HTML/Javascript ガジェットを使って、モバイル版ページに「ブログランキング」を表示させたり、AdSense 広告を表示させたりするようなことができたりします。

この文章を書いたわけ

ブログ サービスによってこの辺りの設定の仕方、カスタマイズの可否などは様々なようです。
管理画面から「PC 版は表示、モバイル版では非表示」などといった風に簡単に設定できるブログもあれば、有料プランを契約しないとダメなブログなど、様々です。
Blogger は無料で利用でき、比較的カスタマイズ自由度の高いサービスのように思われます。
しかし、歴史あるサービスだけあってか?増築に増築を重ねたようなシステムはあまり直感的なものではない面もあるようで、当方も結構戸惑ってしまったことがあるので、ここにそのやり方をメモ書きしておきたいと思います。

まずやること

  1. 設定画面の「テーマ」を開き、モバイルの歯車アイコンをクリックします。
  2. 「モバイル テーマの選択」を「カスタム」にします。


この設定変更を済ませておかないと、以後説明することをやっても無駄です。当方はこのことに気づけずにいろいろ無駄な悩み事をしました。

次にやること HTML を編集する

といっても、ちょっとしたことで全然難しくありません。

先ほど開いた「テーマ」にある「HTML の編集」をクリックします。
何やら HTML タグがうじゃうじゃ出てくるので、何も考えずに Ctrl + F を押してページ内検索で文字列 <b:widget id= を探します。



いくつか存在するはずなので、モバイル版ページへの表示を制御したいウィジェット (「レイアウト」の設定画面では「ガジェット」と呼ばれています。いわゆるブログパーツ) のものを探しましょう。

「レイアウト」ページで表示される名前と比較しながら、それっぽいものを探し出します。たとえば、HTML/Javascript ガジェットだったら b:widget id が "HTML2" とか "HTML5" などのようなものが怪しいでしょう。推測が間違ってたら元に戻してやり直しましょう。

見つけたら、そのタグに mobile="yes" を書き加えれば、モバイル版でも表示されるようになります。
同様に、mobile="only" を書き加えれば、モバイル版だけで表示されるようになります。つまり PC 版ページでは表示されなくなります。
同様に、mobile="no" を書き加えれば、モバイル版では表示されなくなります。

例えば・・・

例えば、ウィジェット ID 'HTML7' (これは当方の場合、管理画面では単に "HTML/Javascript とだけ表示されているものです)

について、PC 版でもモバイル版でも表示されるようにするのなら・・・
<b:widget id='HTML7' locked='false' title='' type='HTML'>


これを以下のように変更します。
<b:widget id='HTML7' locked='false' mobile='yes' title='' type='HTML'>

2017年4月28日金曜日

使わなくなった PC パーツを「買取オンライン」という業者に売却

PC のアップグレードやそのほかの事情(ジャンクあさり?)などでいらないパーツをたくさん持っている方もいるのではないでしょうか。

当方は自作 PC 的な趣味をやっているわけではないため、パーツなどをたくさん持っているわけではないのですが、ノート PC のアップグレードなどで不良資産化したパーツがそこそこあったりします。

PC パーツのようなものは次々高性能なものが発売されてあっという間に陳腐化していくわけですから、大事に持っていてもどんどん価値が下がっていくだけです。

  • 「おいておけば役に立つかも」
  • 「また使うかもしれない」
  • 「人にあげれる」
  • 「高い値段で買ったのもを二束三文で売るのはちょっと・・・」

などと思っていても、たぶんそうはならないし、使わないでしょう・・・
そこで、買取業者に売却することにしました。

買取業者をどこにするか・・・

PC パーツの買取業者はいくつかあるようですが、今回利用するのは「買取オンライン」という滋賀県の業者です。ここには実は以前にも何度かいらないパーツを売却したことがあります。
http://www.kaitori-online.com/

前に売却した物は確か、エレコムの古い古い 5.25 型 FDD (3.5 型の「マイクロ」ではなく「ミニ」) などだったと記憶してます。1 年前ほどの話です。一見価値のない古いものでも意外と買い取ってくれたりするのがこの店の特徴だと思います。もちろんほんとに価値のないものは断られますが。

今回売るもの

まだ不良資産はいくらか保有しているのですが、とりあえず今回処分するガラクタはこんなものです。

  1. CPU ... インテル Core i7 2670QM
  2. SSD ... インテル MSATA SSD 24 GB (インテル スマート レスポンス テクノロジー用)
  3. メモリー ... トランセンド 8 GB PC3L-12800 DDR3L SODIMM 
  4. メモリー サムスン 4 GB PC3-10600 DDR3 SODIMM (画像に映ってません) * 2
  5. DVD ドライブ ... HP 製ノート PC に刺さっていた DVD スーパー マルチ ドライブ



サイトには CPU、SSD、メモリーなどいくつかの品種に関しては買取価格表が用意されているようです。

しかし表に乗っていない品物やそのほかのジャンルの品物に関しても、買取は可能な場合はあるようです。

まずはメールで事前査定を受ける

まず申込フォームから売却したい商品の名前、型番、付属品などを記入して送信。控えのメールが来ます。
連絡なしでいきなり買取品を送るのはよろしくないらしいそうです。
数日後、見積もりがメールで来ました。
当方の場合、上記の品物は見積もりではそれぞれ

  1. 4,000 円
  2. 500 円
  3. 3,000 円
  4. 買取一時中止中
  5. 200 円


という回答が来ました。合計 7,700 円ということですね。
CPU とメモリーはなかなか悪くない値段だと思いました。
特にメモリーなんて、買った時の半額にもなっていないぐらいだったりします。
しかし、4. のメモリーは断られました。在庫が多かったりするのでしょうか?
低容量 SSD と DVD ドライブに関しては捨てるよりはましかな?という程度ですが、持ってても使い道はないので売ってしまうことにします。


送付する

見積金額が 5,000 円以上なら着払でいいらしいです。
《送付時の送料について》
当店での買取額が5,000円を超える場合、原則無料です。
それ以下の場合、もしくは大きな荷物になる場合は、
お問い合わせいただいた時、だいたいの送料額をお伝え
するようにしています。
お送りの際は佐川急便をぜひご利用下さい。

「できれば」佐川急便でとのこと。といっても佐川急便の着払伝票なんて持ってない人がほとんどですよね。
当方、昔何の準備もなく集荷の依頼をかけたら、集荷に来た配達員に
「伝票がないと集荷できません。伝票は今持ってません。だってお客さん特に何も言わなかったですから持ってるもんだと思いまして」
という気まずいことになったことがあります。

佐川急便はネットで集荷依頼をかけることができますが、この際に備考欄みたいなところに伝票を持ってきてほしい旨書いておけば持ってきてくれるそうです。当方は前に何枚かもらったのでそれを利用しました。




用意するものは以下の通りです。

  1. 段ボールと緩衝材類
  2. 買取品
  3. 身分証明書のコピー(運転免許など)
  4. メールのプリントアウト
  5. 振込先銀行口座のメモ

何気にハンコ不要なのが気楽ですね。
段ボールは通販でやってきた物を再利用しました。
伝票を書いて集荷に来てもらって送ります。品名欄に受付番号を書くのを忘れずに。

査定完了!

1 週間弱ほどして、査定結果のメールが来ました。
幸い当方の場合、査定通りの価格で買い取ってもらえることになりましたので、了承する旨返信しました。

というわけで、おそらく今後使わないであろう不良資産がいくらかのお金になってそれなりに満足しました。手間もプリンターを持っている人であればそんなに言うほどのものではないと思います。

小ネタ 買取価格に関して思ったこと

さっき時間とともに PC パーツの価値は右肩下がりになっていく的なことを書きましたが、確かに長い目で見ればそれは当てはまるものの、メモリーの買取価格を見てる限り必ずしもそうでもないのかもしれません。

というのも、メモリーなんかは現行モデルでの採用がなくなると生産供給は減る一方なのに対して、古い機種を使っているユーザーによるアップグレードの需要が上がったりする、といった事情?がある・・・のかもしれません。

2016年11月19日土曜日

NVIDIA Pascal の MXM が eBay やタオバオで出回り始めているみたい

GeForce GTX 1060、GTX 1070、GTX 1080 の MXM モジュールが出回り始めているようです。

掲載されている画像を見てみると、GTX 1060 (N17E-G1-A1) は MXM 規格サイズのモジュールと、それよりもはみ出ているモジュールがあるように見受けられます。GTX 1070 以上は MXM 規格よりかなり大きいモジュールのようです。

価格は、eBay では下位の GTX 1060 ですらかなりお高く設定されており、900 ドル前後、日本円にして 10 万円弱といったところのようです。トランプ当選による(?)円安もあってかなり高くなった感があります。

taobao ではもう少し安いっぽい

タオバオではもう少し安い値段でもあるようですが、それでも日本円にして 50000 円台後半ぐらいとなかなかのお値段です。代行屋に頼むならその手数料もかかるので、60000 円ぐらいにはなりそうです。

もっともタオバオのことなので在庫があるかどうかは怪しいですが。



なお eBay で売っているのはどうも中国人のようですので、タオバオとの価格差で儲けているのかもしれません。

使えるのか?

そもそも、互換性も不明ですし。動くかどうかわからないのに気軽には買えないです・・・

商品ページによると MSI Clevo Alienware 用とか書いてあったりしますが、どのモデル用かについては書いてないみたいですし。

が、これから人柱な人がどんどん現れてくるんではないかと思いますので、それを楽しみに?待ってみたいと思います。

Pascal 世代の MXM については、notebookcheck.com フォーラムで話題になっているようですので、紹介しておきます。

2016年11月10日木曜日

YouTube 動画のハードウェア アクセラレーション再生が多くの環境で可能に!

YouTube 動画を Firefox や Chrome といったブラウザーで再生すると、基本的に VP9 コーデックが使われるようになってます。

しかし長年、VP9 コーデックの再生支援に対応したハードウェアはあまり存在しませんでした。

ソフトウェア環境の面からも、Windows の動画再生支援 API である DXVA で VP9 がサポートされることになったのはかなり最近のことです。

そのため YouTube 動画の再生は CPU パワー任せの再生となり、4K などの高品質な動画を再生するにはそれなりに高性能な CPU が必要でした。

やたら静かだな?と思ったら・・・

この前、Windows 10 + NVIDIA GeForce GTX 965M (第 2 世代 Maxwell) + Google Chrome という環境で 4K 60P の動画を見ていたらほとんどファンが回らない、つまり CPU 使用率が低いことに気付きました。

GPU-Z で調べてみると、どうやら GPU の専用デコーダーが使われているようです。

再生してみた様子


この動画
https://www.youtube.com/watch?v=UceRgEyfSsc

CPU での再生はとんでもなく非効率なようで、4K 60P などの高画質動画は、最新 CPU でもかなり熱くなり、ファンが最高回転になりますが、GPU 内の専用 ASIC による再生支援での再生時には少し暖かいかな?という程度です。バッテリー駆動時間への影響も大きいでしょう。

2 倍速で再生してみると、Video Engine Load が 80 % ぐらいになりましたので、4K 120 Hz ぐらいが GTX 965M のデコーダーのキャパシティの限界っぽいです。

なお、8K の動画では再生支援は働かないようでした。ハードウェアか、ソフトウェアか、その両方なのかは知りませんが、対応していないようです。

それでは、皆様がお持ちのハードウェア (GPU) は VP9 再生支援に対応しているのでしょうか?GPU はインテル、NVIDIA、AMD、などのものがありますが、新しいものでは対応しているものが多いです。

インテル

今時、ラップトップやそのほかの携帯型 PC が主流なわけですが、それらの大半がこのインテル CPU に内臓のグラフィックスを利用していると思われます。

英語ウィキペディアにいくらかの記述があります。

https://en.wikipedia.org/wiki/Intel_Quick_Sync_Video
https://en.wikipedia.org/wiki/Intel_HD_and_Iris_Graphics

Broadwell 以降の内臓グラフィックスが対応しているとのことです。

NVIDIA

NVIDIA によると、第 2 世代 Maxwell の GPU (GM20X) から VP9 再生支援に対応しているそうです。
Quadro でいうなら、M600M、M1000M、M2000M は第 1 世代 Maxwell なので対応しないが、M3000M 以上は対応といったところなんでしょうか。


ここにわかりやすい表があります。
https://developer.nvidia.com/nvidia-video-codec-sdk



ウィキペディアに詳しくまとめられています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Nvidia_PureVideo

AMD

AMD 製 GPU に搭載される動画再生支援機能が UVD (Unified Video Decoder) ですが、UVD 6.3 以降で VP9 に対応しているとのことです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Unified_Video_Decoder

ブラウザー

デコーダーのハードウェアがあっても、ソフトウェアが対応していないと利用できません。調べてないのでわかりませんが、以下サイトによると、Chrome のバージョンについては "Chrome 54 Stable" から、ハードウェアによる VP9 再生支援の利用に対応したそうです。
https://www.reddit.com/r/chrome/comments/4vzdby/google_chrome_vp9_hardware_acceleration/#bottom-comments

ウィキペディアには記載がないみたいですね。今時動画再生なんて CPU で十分なので、ハードウェアの再生支援に関心を持つ人はあんまりいないんでしょうか。
https://en.wikipedia.org/wiki/Google_Chrome_version_history

アドレス バーに "chrome://gpu" と入力すると、VPx (VP9 のほか VP8 などもある) 再生支援が有効になっているかを調べられます。
VPx Video Decode: Hardware accelerated
となっていれば有効になってます。



Firefox については、今のところは対応してないっぽいです。すぐに対応が行われるとは思われます。
https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=833023


2016年10月31日月曜日

Dell のスロット ローディング式の光学ドライブは 8 cm ディスクを扱えるのか?

8 cm 径の CD。

最近はあまり使われていないと思いますが、 シングル CD として昔はそれなりに普及した形式です。

また、DVD、Blu-ray の時代になってからは、カムコーダー用途としてそれなりに使われていたように思います。

ドライブのほうは?

一方、ディスクを押し込むだけのスロット ローディング式の光学ドライブは、自動車用 CD プレイヤーでは扱いやすさからそれなりに普及した形式ですが、コスト高となるためか、PC 用としてはあんまり見かけません。

でも、デルは比較的スロット式ドライブを積極採用していたようで、同社のノート PC には純正設定されているモデルも結構見かけます。あと、見た目重視の Mac にも多いようです。

自動車用光学ドライブではスロット ローディング式でも 8 cm ディスクを扱えるドライブが主流のようですが、PC 用だと対応してないものが多いようです。

検証

当方の持っている Precision ラップトップにスロット ローディング式のドライブがついています。

LG の GS40N というドライブです。メーカー公式ページは存在するのですが、8 cm ディスクを扱えるかどうかは書かれていません。

というわけでやってみました。



結果はこの通り。

まったく吸い取ってくれません。

無理やり全部入れてみてもスカスカ。

一応、取り出しボタンを押すと排出されます。

参考リンク






2016年10月28日金曜日

amazon で Dell 純正 180 W AC アダプターを買ってみたら・・・

Precision M4800 用にもうひとつ AC アダプターがほしいなと思ったので、購入することにしました。


現状

この機種に使える AC はひとつしかもってない状況です。

この機種は AC アダプターと通信?して、適合しないアダプターをはじいているという純正品購入促進設計?です。つまりプラグ形状が合うだけでは使用できません。

一応、非適合アダプターでも電源は入るものの、CPU 速度が最低に張り付いてバッテリー充電しないのでまともに使えない。

一応、デル純正のアダプターは今使っている個体以外にも、130 W アダプターを所有しているものの、M4800 には 150 W 以上が必要らしく、「この AC アダプターは容量が少なすぎるので 少なくとも 150 W 以上の AC を繋げ」という警告が表示されて、CPU 速度が最低 (0.3 GHz ぐらい) になるので同様に使えません。

しょうがないので購入することにしました。

中古か新品か

もし純正の中古品がゴミのような値段で手に入るならそれに越したことはないんですが、どうやらデルの AC の中古相場はかなりお高いようです。純正以外を使えなくする仕組みが功を奏して?いるんでしょう。

はっきり言って中古とは 1000 円程度しか変わらないので、アマゾンで新品を買うことにしました。マーケットプレイスなどではなくアマゾンが販売元のところです。

中古が安くあればいいのですが、あいにく当方が訪問した際には売っているマケプレ出品者はおらず。

容量をどうするか

150 W で十分なんですが、現在は 150 W のアダプターはデル公式通販でも売っていないようです。180 W、240 W、330 W で代用しろっていうことなんでしょう。

180 W は 5165 円、240 W は 5983 円と微妙な価格差だったので、将来売り飛ばすときには 240 W のほうが高く売れるかな?なんてしょうもないことを考えたりもしましたが・・・

 

まあそんなことそうあるわけでもないし、ちっさいほうがいいだろうということで 180 W を購入。

もし売り飛ばすときのことまで考えるなら、いっそのこと 330 W を買うのがいいような気もします。貴重?な AC は高くても買わざるを得ないユーザーがいるはずなので。

払った金額は、税込み 5185 円です。アマゾン本体からの購入なので送料は当然無料。

ちなみにデル直販だと税抜 5,300 円みたいでした。送料はかからないもののわざわざデルから買う意味はなさそうな感じです。

すぐ届いた!

注文した当日に届きました。すごい。この辺りはさすがアマゾンだと思います。ちなみに当方は現在プライム会員になっておらず、お急ぎ便(プライム会員以外は有料)とかは使っていません。


比較的大きい段ボールに入ってましたが、本体はビニール袋に入っているだけの簡易包装です。プチプチ的な緩衝材も使われてません。まあどうでもいいんですけど。ちなみにこのビニールに保証書が張られてます。まあ壊れることはないと思いますが、1 年間は保管することにします。



ちなみにちゃんと電源コードもついてました。

ガッカリだった点

今使っている 240 W の AC は DC 側プラグが青く光るようになってます。



ところが・・・今回届いた 180 W は根元が光らないタイプでした。AC 本体のランプがグリーンに光るだけ、というありがちなタイプです。

これは正直ガッカリです。

大の大人がたかが AC アダプターのしょうもない通電ランプに拘泥するのもあれなんですが・・・でもこれって暗闇でプラグを探すのに便利ですし、たくさんのプラグが転がっている環境でも「デルの AC」ということがすぐにわかるので、実用的にも意味はあったと思います。ちょっと残念ですね。

互換性

今回アマゾンから届いたアダプターのデル P/N は DW5G3 でした。
デル公式通販に掲載のアダプターは 97H1M という型番なので、それと完全に同じかどうかは知りませんが、それによると・・・

この製品は次のシステムと互換性があります:
  • Alienware 14
  • ALIENWARE 15
  • Alienware 15 R2
  • Alienware 17 R2
  • Alienware 17 R3
  • Alienware M17
  • Alienware M17x R4
  • Alienware X51
  • Alienware X51 R2
  • Latitude E5250
  • Latitude E5440
  • Latitude E5450
  • Latitude E5540
  • Latitude E5550
  • Latitude E5570
  • Latitude E6440
  • OptiPlex 3011 AIO
  • Precision M4700
  • Precision M4800

2016年10月22日土曜日

EVGA Precision で GPU をオーバークロックする

NVIDIA GeForce や AMD Radeon といった GPU をオーバークロックするための定番ツールは過去に紹介した MSI Afterburner が一般的ですが、その代替品的存在として EVGA Precision というツールもあります。

これはアメリカの EVGA 社が配布しているツールです。

公式サイトで入手できますが、Steam でも入手できます。記入事項の少ない Steam 版のほうがお手軽でいいでしょう。

MSI Afterburner との違いは?

まあ一長一短といったところです。アフターバーナーのほうが高機能ですが、EVGA がいいところもあります。

たとえば当方環境 (GeForce GTX 965M) では、アフターバーナーだとオーバークロック時にメモリー周波数は最大 +1000 MHz なのですが、EVGA Precision だと +2000 MHz まで上げられたりしました。



アフターバーナーの上限でもまだまだ安定動作するので、さらなるオーバークロックに挑戦してみたい・・・というような場合に使えるかもしれません。

ちなみに、EVGA 社製でない GPU で使った場合、つまり EVGA 製 GPU が検出されない場合は、EVGA 製 GPU 以外では正常動作は保証されず自己責任である旨のメッセージが起動後に表示され、またフォームに使っている GPU モデル名、メールアドレスなどを記入するよう求められます。